MacとBCLと無線の時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777 (Barbarossa 777)】
MacなどのApple製品やBCL、アマチュア無線、フリラ無線(大阪HR717)、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

Mac周辺機器

こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は、MacBook、スマホで使用しているBluetoothヘッドフォン「Philips RD9100」をご紹介します。

ワイヤレスで音楽を聴きたいと思い、Bluetoothヘッドフォンを探したところ、デザインも気に入った「Philips RD9100」を購入しました。カラーは赤と白でしたので、私は赤を選択しました。
写真01


 製品特徴


  • ボディーサイズにしては大きめの40mmの高性能なスピーカーになっています。
  • 2Wayの使用方法がある。
    Bluetooth接続によるワイヤレス再生と、オーディオケーブルを用いた有線による再生が可能です。
  • 耳元で再生機器の操作が可能。
    ハウジング部分にマイクとコントローラーがあり、ボリュームコントロールや一時停止、曲送り、曲戻し、電話受信を耳元で操作できます。

 製品仕様


  • タイプ:Bluetoothヘッドバンド/密閉ダイナミック型
  • 利用方法:Bluetoothによるワイヤレス接続、優先接続の2種類
  • 充電池:リチウムポリマー電池
  • 充電時間:約2.5時間
  • 連続稼働時間:約9時間
  • 再生周波数帯域:20〜20,000Hz
  • スピーカー径:40mm
  • 重量:184g

 まとめ


  • ボディーサイズの割に大きめのスピーカーが搭載されているので音が良いです。結構低音が出ます。
  • 長時間バッテリーが持ちます。連続再生9時間ですので、毎日の通勤で使っても、私の場合4日ほど持ちます。週に1〜2回充電すれば良い感じです。
  • 適度なソフトクッションになっているので、耳への負担が少なく、快適につけることができます。
  • Bluetoothは結構接続が切れることが多いですが、本機種は、切れることがほとんどありません。しっかりと接続が保たれます。
  • マルチペアリングに対応していないので、複数の機器に接続する場合は、ペアリング作業が必要になります。この点は少し残念。
以上、Bluetoothヘッドフォン「Philips RD9100」のご紹介でした。音質も良く、とても操作性が良いヘッドフォンですので、毎日快適に使っています。現在この機種は製造中止になっております。後継機種(SHB3185)はこちらのリンクからどうぞ。後継機種は連続稼働時間が延びているようです。



こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は、MacBookに接続して使っているデスクトップアクティブスピーカー「JBL Pebbles」をご紹介します。

毎日、MacBookを使っているとき、インターネットラジオを聴いていますが、手軽にいい音で聴きたいなと思うときがあります。そこで手頃な価格、MacBookに接続しても気にならない大きさのスピーカーを探してみたところ、良いスピーカーがありましたので、早速購入してみました。商品名は、「JBL Pebbles」と言います。

デザイン・外観はこんな感じ。
写真01


 製品仕様


製品の仕様は、以下のとおり。
  • 商品名:JBL Pebbles
  • カラー:ブラックとホワイトの2種類(私はブラックにしました。)
  • 音声入力:USBコネクタ、外部入力(3.5mmステレオミニジャック)各1
  • 仕様ユニット:50mm径フルレンジドライバー×2
  • 周波数特性:70Hz ~ 20kHz
  • 音声フォーマット:リニアPC(48khz/16bit)
  • 電源:USB 2.5W
  • サイズ:幅78mm、奥行150mm、高さ132mm
  • 重量:1kg

 使用感


使ってみて感じたことを以下に挙げてみます。
  • パソコンとの接続が簡単だということ。USBケーブルをMacBookに接続するだけで利用可能になります。電源もUSBケーブルで供給されます。ケーブルが1本なので、ケーブルが邪魔になりません。電源が入ると、本体の青色のランプがつきますので、電源が入っていることもすぐにわかります。
  • デザインが良いこと。電源ボタンもボリュームつまみも本体横のロータリーつまみ1つになっているので、見た目もきれいなデザインになっています。
  • パソコンに設定が簡単なこと。Mac OS、Windowsともに標準にドライバで認識しますので、簡単に接続後、すぐに使うことができます。設定は、以下の画面のとおり、音声出力で「JBL Pebbles」を選ぶだけです。
  • 写真02
  • 大きさの割に少し重量が重め(左右合わせて1kg)で、本体後ろにスリップストリーム・ポートがあり、ボディーサイズの割にしっかりとした低音が出ます。50mmのフルレンジ・スピーカですが、迫力のある音で聞くことができます。さすがJBLブランドですね。いつもインターネットラジオやiTunesに取り込んだCDの音楽を快適な音で聞いています。

 まとめ


一番感じることは、USBケーブル1本でMacBookで良い音楽が楽しめます。普通なら音声ケーブル、電源ケーブルの2本が必要ですが、この「JBL Pebbles」は、1本だけです。私はMacBookを結構移動させて使います。ですので、家に戻ってきて、手軽に接続できるスピーカはとても便利に使うことができます。価格も手頃でいい音が出るので、とても気に入っています。

写真03

以上、私がMacBookに接続して使っているスピーカー「JBL Pebbles」のご紹介でした。これからも大切に使っていこうと思います。



こんにちは!Mac-BCL777管理人です。

今日は、MacBookの充電ができる携帯バッテリーをご紹介します。

MacBookは内蔵バッテリーでも、1日なら十分外出先で利用できるくらい、バッテリーの持ちが良いです。ですが、充電を忘れた場合など、充電したくなりことがありますよね。そんな時に心強い携帯バッテリーが「Anker PowerCore 13000」というバッテリーです。価格も手ごろだったので、早速購入してみました。

注文した翌日に届きました。箱と内容物は以下の写真の通り。
写真01

バッテリー本体とバッテリーを充電するためのMicroUSBケーブルが付属します。あと写真に写っていませんが、トラベルポーチも付いています。注意点として、バッテリーの充電用のACアダプタは付属しませんので、別途自分で用意する必要があります。私は既に「Anker PowerPort+5 USB PD対応充電器」を持っていましたので、それを使っています。

バッテリー本体はこんな感じ。 本体右上にはバッテリーの残量表示があります。
写真02

USB端子はこんな感じ。 充電用のUSB-A端子が2つ、本バッテリー充電用のMicroUSB端子が1つあります。
写真03

バッテリーをMacBookに接続したところ。このMacBookに接続するためUSB-Cケーブルも付属しませんので、別途自分で用意する必要があります。私はMacBookの近くにバッテリーを置けるように、約30cmほどの短いUSB-Cケーブルを購入しました。
写真04

本体にバッテリーを接続すると、充電が始まります。画面には以下のように充電中アイコンが表示されます。
写真05

使ってみて感じたことですが、MacBookの充電はできますが、MacBookの急速充電には対応していないようで、空っぽの状態から満充電させるためには 4〜5時間かかるようです。少し残念ですが、MacBookを使うための電源はちゃんと供給されますので、安心してMacBookを使えます。 USB-A端子が2つ付いていますので、MacBookを充電しながら、スマホなども接続できますので、これも便利ですね。

以上、MacBookに使える携帯バッテリー「Anker PowerCore 13000」のご紹介でした。

以下に商品リンクを貼っておきますので、ご覧ください。

「Anker PowerCore 13000」と MacBook充電用USB-Cケーブル(30cm)の商品リンク



こんにちは!Mac-BCL777管理人です。

今日は、私がMacBookの電源ケーブルとして使っているUSB-Cケーブルをご紹介します。
MacBookに付属しているUSB-Cの電源ケーブルはホワイトです。まあ、使う分には問題ないのですが、なんとなくMacBook本体と同じ色のケーブルにしたいなあと考えるようになりました。そこでWebで色々と検索して良さそうなケーブルがありましたので、早速購入してみました。

商品名は「iSPECLE USB 2.0 Type-C & Type-C ケーブル」で、私の使っているMacBookと同じ色のゴールドを購入しました。

パッケージはこんな感じ。シンプルなデザインの箱です。
写真00

ケーブルはこんな感じ。長さは2mで、MacBook付属のUSB-Cケーブルと同じです。触ってみると、しっかりした作りのためか、少し曲げるのに固めな感じです。
写真01

USB-C端子はこんな感じ。プラグ部分もゴールドです。
写真02

差し込んでみると、こんな感じ。しっかりと差し込めます。
写真03

MacBook本体のゴールドと合いますね。いい感じです。
写真04

使い心地はですが、MacBook本体と同じ色ですので、ケーブルをつなぐと一体感が出ますね。接続時の見た目が良くなりました。性能ですが、USB2.0対応のケーブルですので、データ転送などは遅いかもしれません。ただ、USB-Cケーブルでデータ転送することはありませんし、私は電源ケーブルとして購入しましたので、特に問題は感じていません。ケーブルはしっかりとした作りになっているため、少し曲げるのが固い感じです。その分丈夫だと思います。見た目重視で購入しましたので、とても満足して使っています。

私はアマゾンで1,450円(税込)で購入しました。純正のケーブルが3,780円(税込)ですので、半額以下で購入できますので、お買い得なUSB-C電源ケーブルだと思います。MacBookのゴールドをお持ちの方で、見た目を重視される方は、検討してみてはいかがでしょうか。

以上、「iSPECLE USB 2.0 Type-C & Type-C ケーブル」のご紹介でした。



こんにちは!Mac-BCL777管理人です。

今日は、パソコンで使うUSBメモリのご紹介です。
今回ご紹介するのは、SanDiskのUSB3.0 SDCZ48-256Gです。USB3.0接続でRead Speed、up to 100MB/s、容量は256GBのUSBメモリです。

購入した目的
  •  MacBook 12inch Retina のバックアップ用に購入しました。
 
購入した理由
  •  手軽に接続できる大きさ
  • MacBookのSSDと同じ容量
  • 256GBのUSBメモリとしては安価に購入できる
 
毎日、MacBookのバックアップに使っています。

USBメモリの外観はこんな感じ。USBメモリの端子はスライド式で、使わないときは収納できます。

写真01


裏面はこんな感じ。

写真02


USB端子を出すとこんな感じ。

写真03


使っているところはこんな感じ。MacBookはUSB-C端子のため、変換アダプタを使っています。

写真04


3ヶ月ほど使っていますが、手軽にバックアップが取れて、便利に使っています。少し残念に思ったのが、書き込みが遅いようで、バックアップ時間が容量の割に、時間がかかるように思います。

3ヶ月使っての良い点と残念な点をまとめてみると・・、

良かった点
  •  大きさが小さく、扱いやすい
  • 256GBとしては、安価で購入できる

残念な点
  •  書き込みが(たぶん)遅く感じる
 
ぐらいでしょうか。書き込みがもっと早ければ100点ですが、まあ安価に購入できましたし、扱いやすいので、満足しています。手軽にバックアップできるので、安心してMacを使えますね。復元もTimeMachineですので、簡単に戻せます。購入金額はアマゾンで7,000円ぐらいで、256GBのUSBメモリとしては安めですので、なかなか良い製品だと思います。

注意点として、日本向けの製品ではありませんので、パッケージは英語になっています。保証等、気になる方は、他の日本製製品をご検討ください。

メーカの製品サイトはこちらからどうぞ。

以上、SanDiskのUSB3.0 SDCZ48-256Gのご紹介でした。




↑このページのトップヘ