MacとBCLと無線の時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777 (Barbarossa 777)】
MacなどのApple製品やBCL、アマチュア無線、フリラ無線(大阪HR717)、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

アマチュア無線

こんにちは!Mac-BCL777です。

最近、ハンディー機のFT-5Dで使うために購入した、Yaesu純正のオプション品で???になっています。まず一つ目は、純正のBluetoothヘッドセットですが、WIRES-Xで使っていたら、いろいろな方から音が汚いとか、挙句の果てには、1アマの方から、「音が酷すぎる。FT-5Dの音とは思えない。社外品か?」とチャットが飛んでくる始末。ですのでお蔵入りに。二つ目は、YAESUハンディー機用の純正マイクです。これもPTTボタンを押しても、送信音が途切れるそうで、これもWIRES-Xでした。結局、2つは使用をやめ、CQオームさんオリジナルのハンディーマイクを使っています。これが一番評判がいいです。自分の送信している音って、分かりませんからね。指摘いただくのはありがたいのですが、YAESU純正品が評判が悪いというのもびっくりですね。確かにYAESU純正品って、ICOMオプション品に比べると、かなり安いですからね。品質もそれなりなんでしょうかね・・。ICOM純正オプション品で、このような目にあったことはありません。

Yaesuマイク




こんにちは!Mac-BCL777です。

WIRS-XのALL JA CQ ROOMで不評だった、購入時にセットだったCQ OHMオリジナルのマイク。結局YAESU純正のSSM-17Aに交換することにしました。4,000円と結構しましたが、他の方から音声が不評なので、仕方ありません。

というわけでパッケージ

20240407_024903

マイクを取り出したところ

20240407_025048

CQ OHMオリジナルのマイクとの比較。一回り大きいですが、CQ OHMオリジナルは小ぶりで、ちょっと使いづらいですね。純正の方が手にしっくりきます。

20240407_025139

本体に取り付けてみました。FT-5D本体のデザインになっていますね。

20240407_025317

ということで、この組み合わせで運用したいと思います。CQ OHMマイクは、FT-70Dにまわします。

興味がある方は、Amzaonは、こちらからどうぞ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SSM-17A 八重洲無線 スピーカーマイク
価格:3,450円(税込、送料別) (2024/4/7時点)







こんにちは!Mac-BCL777です。

私は固定機はICOM、ハンディー機はYAESUを使っています。なので、D-STAR、WIRES-Xの両方を体験しています。率直に私の感想を言うと、設定の敷居の低さはD-STARの方、ちょっとめんどくさいのがWIRES-Xという感じですね。でも、交信確率が高くて楽しいのは、WIRES-Xのように感じています。

私はIC-705かIC-9700でD-STARをしましたが、CQを出しても応答は皆無。交信するレピーターを選択しなけれないけないのも面倒。D-STARは、管理サイトでは、どのレピーターが使用中で、接続している方のコールサインが見えるんですが、何度CQを出しても沈黙。実際に交信できたのは数回だけ。感想としては、コールサインは無線機に表示されるから「〇〇さん、聞こえますか」的な仲間内の連絡に使っているように思えます(あくまで個人的な感想)。私の運が悪かったので、そういう印象なのかもしれません。いづれにしても、D-STARは期待していたほどではなかったですね。

代わってWIRES-XはALL-JA-CQ ROOMでCQを出せば、大抵応答があります。たくさんの局がALL-JA-CQ ROOMに接続しているからです。もちろんその場合、交信している内容は、接続している局に聞かれていることになります。ですが、WIRES-Xの場合、登録すればノードIDをもらえます(FT-70Dは怪しい)ので、最初のCQを出すときに「Node to Node」で接続したいと伝えてノードIDを言えば、他の誰にも聞かれずに交信もできます。もちろんCQを出して応答してもらってから「ノード接続に変えませんか?」と言えば大丈夫。普通に遠方の方とも交信できます。ただ、パソコンが必要な場合が多いですけどね。

まあ、個人の好みですけど、私はWIRES-Xの方がいいと思っています。

これは私見ですけど、通信規格は統一しなくてもいいから、両方の通信の対応した無線機を出してくれればいいのにと思います。別のことを例に出すのはどうかとも思いますが、DVD規格も色々と乱立していましたが、結局ハード側で全ての規格に対応して、ユーザーは何も考える必要はありませんでした。何もD-STARに一本化するとか、つまらない覇権争いをするよりは、ハードウェアがD-STAR、WIRES-Xの両方に対応すれば、ユーザーは迷わなくて済みます。

なんとかJARL+ICOMさんとYAESUさんが歩み寄ってくれればなあと思います。

こんな感じでD-STARとWIRES-Xの両方を経験した感想です。

D-STAR

WIRES-X




こんにちは!Mac-BCL777です。

IC-9700を使っていて思うことがあります。50Wで送信できて、遠くまで飛んでくれて交信できるのは良いと思います。ただ、残念なのは、144/430/1200MHz の無線バンド以外が聴けないんですよね。個人的にはFMラジオぐらいは受信できるようにしてほしいものです。というのも、ハンディー機のYAESU FT-5Dでは広帯域受信ができますので、FMラジオを聴きながら、呼び出しチャンネルに入感があったら自動的に無線モードに切り替わってくれるんですよね。これが便利で、144/430MHzの呼び出しチャンネルに合わせておいて、FMラジオを聴いています。IC-9700になぜこの程度の機能がないのかわかりません。IC-9700は、私にとっては高価な無線機ですので残念ですね。可能かどうか私にはわかりませんが、ファームウェアのバージョンアップで対応してくれないかと思います。でも、多分無理なんでしょうね。5万円のFT-5Dでできることが、20万円のIC-9700でできないことに、ちょっと悲しい思いをします・・。

FT-5D

IC-9700





こんにちは!Mac-BCL777です。

JARL NEWSの春号が届きました。早くも今年のハムフェアのことが載っていましたね。今年は、8月24日(土)、25日(日)に行われるそうです。他に興味があったところは、選挙の告示、南極だより、JARLの年代別の会員数が出ていました。

年代別の会員数を見ると、一番多いのは60〜70代なんですね。この分布を見ると、将来のJARLの維持が難しくなるように思いますね。40歳以下の会員数を増やしていかないと、アマチュア無線がなくなってしまうのではないかと、心配になりますね。アマチュア無線の楽しさを伝えないといけないなと感じます。

あとは選挙についてですが、昨日、投票用紙をポストに投函しました。 JARLが少しでも良くなることを願います。

20240405_020443




↑このページのトップヘ