MacとBCLと無線の時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777 (Barbarossa 777)】
MacなどのApple製品やBCL、アマチュア無線、フリラ無線(大阪HR717)、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

アマチュア無線

こんにちは!Mac-BCL777です。

IC-9700を導入してから、IC-705の立ち位置がアマチュア無線ではなくなってしまいましたね。一応、D-STAR専用機として使っていますが、D-STARはIC-9700でもできるし、IC-9700は1200MHzも出られるんですよね。これだと、IC-705は、BCL使用しかなくなりますね。ただ、そのBCL使用も困ったことが1点あります。それはMicro SDカードなんですよね。とにかく出し入れが面倒というか、圧倒的に使いにくいです。大体本体側面にマイク端子と密集してMicro SDカードスロットがあるのがおかしい。設計者は、使ったことがないとしか思えません。でも、我慢するしかないですね。良いことは、BCLシャックがシンプルになるところです。

IC-705-01



こんにちは!Mac-BCL777です。

先日、購入したスタンドマイクですが、思っていたより便利ですね。両手が使えますので、パソコンでのログ入力にも便利ですね。また、SM-30はコンパクトですし、何よりPTTロックにLEDが付いているのが良いですね。いつもPhone通信の時は、430MHz FMで交信するのですが、144MHz FMで初めて交信しました。144MHz うちでは、結構ノイズがあるんですね。出ている人も少ないのが、今まで交信していなかった理由です。今度は1200MHzでも交信したいですね。

SM-30



こんにちは!Mac-BCL777です。

IC-705は、現在、D-STAR専用機となっています。無線LAN接続でアンテナもケーブルも必要なく、デスクがスッキリしますが、一つ難点に感じていたことが一つありました。それはハンドマイクが小さいことです。私はどちらかというと手が小さい方なんですが、それでも小さく感じます。ログをMacに打ち込みながらやるのにも、ハンドマイクはちょとやりずらいなあと考えていたところでした。たまたま無線機を購入するショップのポイントが多くありましたので、安く購入できました。最初は上位機種のICOM SM-50かなと思いましたが、あまりにもデカすぎて、これは無理と感じたことと、今回購入し下位モデルのSM-30はコンパクトだし、PTTロック時にLEDが光るんですよね。SM-50は操作キーは多いのですが、PTTロック時に光るLEDがなかったので、安いモデルのSM-30を選びました。実は先週届いていたのですが、箱も開けずに放置していました。以下の写真のなような感じです。IC-705に繋ぐには、変換コードが必要で、IC-705の設定でMIC出力をデフォルトの3.3Vから8Vの設定変更が必要です。このマイクIC-9700やIC-7610でも使えますので、付け替えて使おうかと思っています。

SM-30

興味がある方は、以下のリンクからどうぞ。

ICOM SM-30 (Amazon)

開封と取り付け動画を作りましたので、時間がある方は見てやってください。






こんにちは!Mac-BCL777です。

最近ですが、アマチュア無線で交信していると、紙のQSLではなく、「eQSLで」という方が結構多くなってきました。430MHz FMでもですよ。私はAirHamLogも契約しているのですが、AirHamLogの電子QSLが不評だったので、eQSLもかなと思っていました。私自身も紙のQSLにこだわりはない派ですので、この際、eQSLを契約しようと思ったわけです。FT-8やっていますからね。そんなわけでeQSLを契約して、早速オリジナルのQSL画像をアップしました。日本国内ではTurboHamLogと連携できるHQSLが一般的見たいですが、FT-8を楽しんでいる私としてはHQSLには魅力を感じなかったわけです。MacユーザーでWindowsパソコンはなくなりましたからね。日本でもガラパゴス仕様ではなく、個人的にはeQSLが標準になったらいいのにと思っています。

スクリーンショット 2024-02-07 3.28.02



こんにちは!Mac-BCL777です。

しばらくD-STARをやっていなかったので、見落としていましたが、2023年9月にレピーターリストが更新されていました。内容をみると、山梨県で1局レピーターが増えた対応のようです。ということで遅ればせながら、IC-705のレピーターリストの更新を行いました。更新の仕方はIC-705でフォーマットしたSDカードの決められたフォルダにICOMホームページからダンロードしたファイルを解凍して、そのフォルダにおいてIC-705でインポートすればいいだけです。やり方は二種類ありますが、私はCSVファイルを読み込ませる方法を選択しました。そのやり方を動画にしています。ただし、私はMacユーザーですので、Macを使った場合のレピーターリストの更新方法になっています。でも手順はMacもWindowsも全く同じなので読み替えればいいと思います。WindowsのエクスプローラーがMacではFinderの違い、Macの場合IC-705でもインポートファイルの選択時にファイルが二つ表示される違いがあります。私はWindowsパソコンは持っていませんので、Windowsでの更新方法のサポートはできません。また、私はレピーターリストの更新を勧めているわけでありません。行う場合は、あくまで自己責任で行なってください。私はMacでもWindowsでも一切サポートは致しません。また、動画を見て更新方法が理解できない方はやらない方がいいです。どうしても更新したい方は、有償になりますが、ICOMさんのサポートに依頼された方がいいと思います。




↑このページのトップヘ