MacとBCLと無線の時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777 (Barbarossa 777)】
MacなどのApple製品やBCL、アマチュア無線、フリラ無線(大阪HR717)、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

BCLその他

こんにちは!Mac-BCL777です。

先日、MacでSDR受信という記事を書きました。中波のお化けが出て、アッテネータを使うと短波帯の感度も落ちて、ちょっと使えないなあという感想でしたが、以前購入していた2MHz以上を通すハイパスフィルーを通すことで、まあまあ使えるようになりました。FMは問題なしです。でも、このRTL-SDRでわざわざMacでSDR受信はしないでしょうね。RTL-SDRは5,480円で購入しましたが、用途はAndroidスマホでDRM放送を聴きたかっただけなので、そちらで使用します。今のところ、KTWRの日本語DRM放送しか復調できていませんが・・。取り急ぎ、ハイパスフィルターを入れて、MacでSDR受信ができるようになったことをお伝えしたかっただけです(笑)。実用になるかというと、感度とか使いやすさを考えると、通信型受信機、無線機を使ったほうがいいですね。

Gqrx



こんにちは!Mac-BCL777です。

毎朝、NHK大阪第一を聴いていますが、Sメーターの振れの違いってありますね。感度の違いもあるのかもしれませんが、YAESU FRG-7700の振れは鈍いというか、派手に振れません。対してICOM IC-705はよく振れますね。666kHz NHK大阪第一で比べてみましたが、YAESU FRG-7700はS=S9+10dB〜20dB、ICOM IC-705はS=S9+50dBまで振れます。他のICOM無線機も同じですね。BCLをするときも、ICOMはSメーターが良く振れる傾向にあります。なので、ICOMでSINPOコードのSをつけるときは、耳Sでつけています。メーカーによって差があるのは面白いですね。

FRG-7700Sメータ

IC-705 Sメータ



こんにちは!Mac-BCL777です。

いちのへさんのXで紹介されていた書籍「「MOCT」ソ連を伝えたモスクワ放送の日本人」を購入してみました。最後まで馴染みのあったアナウンサーの日向寺さんも紹介されているようです。本はこれから読みますが、ソ連時代のモスクワ放送を支えた日本人アナウンサーのことやソ連当時の日本語放送の実情が分かりそうな本です。カバー本でしたので、結構素敵なお値段でしたが、中古本は送料含めると新書と同じ値段になってしまうので、Amazonで新書を購入しました。ちょっと体調が良くなくて、読むのはちょっと先になりますが、楽しみにしておきます。「お便りスパシーバ」が懐かしく感じますね。

MOCT



こんにちは!Mac-BCL777です。

ここ最近ルーティーンになっています。モンゴルの声を聴くことが。本当に聴こえる日、聴こえない日の差が大きい放送局です。ここ最近は、聴きづらい日が続いていますね。でもこの聴こえる、聴こえない日があるのが、短波放送らしいですね。これからも聴いていきます。

20231227_193712



こんにちは!Mac-BCL777です。

受信ログの記事でも挙げていますが、昨日のモンゴルの声の日本語放送は、最近にしては珍しく、よく聴こえていました。毎日聴いていますが、こんな日もあるんですね。こういうところが短波放送の受信の面白さなんでしょうね。また、毎日聴いていることも大切なんでしょうね。私は耳が病気で良くないので、日本語放送を聴くことがメインになっていますが、これからもBCLは続けたいと思います。ただ、短波放送受信は、もうノスタルジーの領域になってきましたね。多くの短波放送局がネットラジオもやっていますので、ネットだとクリアーに聞こえますからね。もう後何年短波放送が聴けるのでしょうね。そんなことを考えると少し悲しくなりますね。

VoiceofMongolia

20231225_194823



↑このページのトップヘ