MacとBCLと無線の時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777 (Barbarossa 777)】
MacなどのApple製品やBCL、アマチュア無線、フリラ無線(大阪HR717)、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。



2024年6月13日(木)の受信ログです。

受信機:ICOM IC-7610 アンテナ:ΔLOOP9+

Time(JST)kHzSINPOLang.Station
19:00-19:30970045444EngRNZ Pacific


20240613_190024







こんにちは!Mac-BCL777です。

カメラのレンズを6本(うち1本はキットレンズ)持っていたのですが、あまり使わないレンズが2本ありましたので、売却しました。

で、残したのが、以下の右側のレンズ3本です。

Camera-01

標準域のレンズはキットレンズがありますので、まずは9mm(35mm換算で18mm)の単焦点超広角パナライカのレンズです。

Camera-02

次は標準域14mmから140mm(35mm換算28mmから280mm)までの10倍ズームレンズ。

Camera-04

そして、街角スナップ撮影用の単焦点パナライカの25mm(35mm換算50mm)です。人の目で見える画角に近いので、使いやすいレンズです。

Camera-03

キットレンズを除いても、超広角(単焦点)〜標準〜10倍望遠、スナップ用の単焦点レンズと、十分自分の撮りたい範囲をカバーしていますので、これで十分かなと思っています。カメラのレンズ沼には、ハマりません(笑)。





おはようございます!Mac-BCL777です。
今朝も03:00におきまして、666kHz NHK大阪第一を聴きながら、絶賛作業中でございます。

P1000010

最近、CPATUという第一電波工業製のアンテナが気になっていますが、これを使うには私の場合は、ICOM AH-730という野外設置型のオートアンテナチューナーが必要になります。これ一本で3.5MHz〜50MHzwカバーできますし、YouTuberさんがかなり快適に利用されていました。ですが、うちはマンション住まいで外付けのオートアンテナチューナのコントロールケーブルが10mしかありません。延長ケーブルがサードパーティ製にあるのですが、メーカー(ICOM)に問い合わせたところ、「動作保証は10mしかしていません。」との回答、私のシャックでは、最低25mは必要です。これは無理ですね。諦めるしかないようです。あと私は都市部に住んできますので、地上高以外はいいところはありません。厳しいですねアパマンハムは。せっかく100W機を持っていてもFT-8でフルパワーで送信はできません。とても残念です。





2024年6月12日(水)の受信ログです。

受信機:ICOM IC-7610
アンテナ:ΔLOOP9+

Time(JST)kHzSINPOLang.Station
19:00-19:30970045444EngRNZ Pacific
19:30-19:591208535333JpnVoice of Mongolia


20240612_191254

20240612_193006







こんにちは!Mac-BCL777です。

今年購入したIC-7610ですが、デュアルワッチ機能があります。このデュアルワッチ機能ですが、あるのは確かに便利かなと思いますが、アマチュア無線で使うことは、あまりありません。どちらかというと、BCL向けかなとも思います。アマチュア無線しながら、BCLで短波をワッチするとか、二つともBCLで2波をワッチするとか。そんな感じですね。アマチュア無線で2波同時受信って、思いつきません。あると便利ではありますが・・・。

20240609_195049